1. トップページ
  2. 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

ネットワークを活かして地域福祉を推進する民間の団体です。

社会福祉協議会のあらまし

社会福祉協議会(略して「社協」(しゃきょう)とよばれてます)は、平成12年に改正された社会福祉法の第109条に基づいて「地域福祉の推進を図ることを目的とした団体」です。
社会福協議会は、それぞれの都道府県、市町村で、地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の関係者、保険・医療・教育などの関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することができる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。

社会福祉協議会の活動原則

1.住民ニーズ基本の原則
調査などにより、地域住民の要望、福祉課題等の把握に努め、住民のニーズに基づく活動を第一にすすめます。
2.住民活動主体の原則
住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として、活動をすすめます。
3.民間性の原則
民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を活かした活動をすすめます。
4.公私協働の原則
公私の社会福祉及び保険・医療。教育・労働等の関係機関・団体・住民等の協働と役割分担により、計画的かつ総合的に活動をすすめます。
5.専門性の原則
地域福祉の推測組織として組織化・調査・計画等に関する専門性を発揮した活動をすすめます。